艶つや習慣(つやつや習慣) 効果的な使い方

「艶つや習慣」の効果的な使い方は?

艶つや習慣プラス効果的な使い方

 

古くなった角質が小さくなって固まってしまうと、目元、耳元、胸元などにポツポツとなって、肌に悩みをもたらします。そんな角質粒のポツポツを「艶つや習慣プラス(つやつや習慣)」は解消してくれます。

 

しかし、効果があることがわかっても、毎日のケアが面倒なのではないかと心配される方もいるようですね。今回は、スキンケアと角質ケアができる「艶つや習慣プラス(つやつや習慣)」でのケア方法と効果的な使い方をお伝えします。

 

スキンケアと角質ケアができる「艶つや習慣プラス」の効果的な使い方

 

ポツポツの角質ケアって、毎日のケアで時間がかかりそうで面倒そうだと思っている方も、「艶つや習慣プラス」の使い方を知れば、きっと考えが変わりますよ。

 

しかも、同時にスキンケアができるとなれば、興味が湧きませんか?それでは、「艶つや習慣プラス」の基本的な使い方と効果的な使い方をご覧ください。

 

<「艶つや習慣プラス」の基本的な使い方>

 

艶つや習慣プラス効果的な使い方

(1)メイクを落として、洗顔をします。

 

(2)「艶つや習慣プラス」をさくらんぼの粒くらいの量を手にとります。

 

(3)マッサージするように、顔全体にのばせばOKです。

 

<「艶つや習慣プラス」の効果的な使い方>

 

艶つや習慣プラス効果的な使い方

 

(1)メイクを落として、洗顔をします。

 

(2)いつもより多めに「艶つや習慣プラス」を手にとります。ピンポン玉サイズくらいを目安にしてください。 

 

(3)量を多めにすることで、「艶つや習慣プラス」がパックになります。

 

(4)「艶つや習慣プラス」のパックをした状態で、お風呂に入ります。

 

(5)10分くらい、湯船に浸かりましょう。

 

(6)「艶つや習慣プラス」のパックは湯気で溶けることはありません。

 

(7)最後に、お湯で洗い流してください。

 

角質ケアについて

 

艶つや習慣プラス効果的な使い方

 

<通常の角質ケア>

 

通常の角質ケアは、角質ピーリングジェルや角質ピーリングパックでケアをします。かかとの場合は、専用のファイル(やすり)を使ってケアをします。

 

注意したいのは、あかすりや軽石を使う場合ですね。これらは、力の加減が難しいので、肌を傷つけてしまったり、必要な角質まで除去してしまたりする心配があります。

 

ターンオーバーが正常であれば、角質層の皮膚は、外部の刺激から守ってくれる役割を果たしてくれます。本来、角質は肌にとって必要なものなんです。

 

問題なのは、古い角質がはがれることなく残ってしまう場合です。古い角質が蓄積してしまうと、肌はザラザラになり、皮膚がガサガサになって硬くなってしまいます。さらに、古い角質が固まってしまうと、ポツポツになってしまうというわけです。

 

<「艶つや習慣プラス」での角質ケア>

 

「艶つや習慣プラス」はポツポツを落とすだけではなく、ザラザラやガサガサも解消してくれます。しかも、オールインワンジェルなので、充分に保湿することもできます。角質ピーリング剤を使い過ぎた時のように、肌を傷める心配もありません。

 

まとめ

 

艶つや習慣プラス効果的な使い方

 

以上、「艶つや習慣プラス(つやつや習慣)」の効果的な使い方についてお伝えしました。

 

ぜひ、効果的な使い方をして、「艶つや習慣プラス」でスキンケアと角質ケアをしてください。

 

>>艶つや習慣プラスの詳細はこちら

関連ページ

店舗で売っているイボに効く市販品との比較
「艶つや習慣(つやつや習慣)」と店舗で売っている市販品などと、どう違うの?スキンケアと角質ケアができる「艶つや習慣」と店舗で売っている市販品などとの比較情報!